「カレーライス」と「たっぷく豆」焙煎粉末

野菜不足気味、食欲が無いときに「カレ―ライス」に「たっぷく豆」焙煎粉末を振りかけてください。家庭でも簡単につくれ子どもから大人まで大好きなカレーに「たっぷく豆」焙煎粉末を振りかけて食べてみました。「カレーライス」に「たっぷく豆」焙煎粉末を約3gを振りかけて食べてみてください。美味しくいただけます。

体に良いからと言って「食べ過ぎ」は良くありません。人それぞれその日その日の体調もちがいます。お医者さんや、薬剤師さん、栄養士さんなどと相談して自分に合った食べ方をみつけてください。

 

「うどん」と「たっぷく豆」焙煎粉末

どうも食欲がない、体がだるい、疲れやすい、そんな時に「うどん」に「たっぷく豆」焙煎粉末を振りかけてください。

うどんは消化がよいので、食欲がないときや胃の働きが弱っているときに良いと言われています。「うどん」に「たっぷく豆」焙煎粉末を3g程度振りかけて食べてください。美味しくいただけます。

体に良いからといって「食べ過ぎ」は良くありません。人それぞれその日その日の体調もちがいます。お医者さんや、薬剤師さん、栄養士さんなどと相談して自分に合った食べ方をみつけてください。

 

16穀米とたっぷく豆焙煎粉末

16穀米には栄養素が多く含まれ、食物繊維も豊富です。玄米が苦手の方は白米と一緒に16穀米を混ぜて食べてみてください。作り方は簡単です。白米を炊くときに16穀米を一緒にお好みの量入れて炊くだけです。お好みに合わせて塩を一つまみ入れても良いです。炊き上がったらかき混ぜてお茶碗にもってください。

 1回のお食事で3gを目安に振りかけてください。人それぞれその日その日の体調も違いますし、カロリー制限、塩分、糖分などに注意をされている方、アレルギーの方もおられると思いますので、お医者さん、薬剤師酸、栄養士さんと相談してご自身に会った食べ方を見つけてください。

 

玄米とたっぷく豆焙煎粉末

玄米には人間が健康維持するための栄養素が多く含まれています。食物繊維も豊富です。栄養バランスの優れた玄米と一緒にたっぷく豆を試してみてください。作り方は意外と簡単です。玄米は研がずにさっと洗ってください。炊飯器の鍋に玄米のメモリーがある場合はメモリーに合わせて水を入れてください。

無い場合には玄米の量の1,8〜2倍の水を入れて2時間ほど浸し、炊飯器に入れてタイマーを玄米に設定します。お好みに合わせて塩を一つまみ入れても良いです。炊き上がったら15分位蒸らして、かき混ぜてお茶碗にもってください。1回のお食事で3gを目安に振りかけてください。

人それぞれその日その日の体調も違いますし、カロリー制限、塩分、糖分などに注意をされている人は、お医者さん、薬剤師酸、栄養士さんと相談してご自身に会った食べ方を見つけてください。

 

「たっぷく豆焙煎粉末」と「小さじ1杯のごま油」

便秘には小さじ一杯程度のごま油をサラダにかけたり、食べたりすると良いと言われています。(ごま油の代わりにオリーブオイルを使用しても良いです)小さじ一杯のごま油(またはオリーブオイル)をスプーンに取り1回分たっぷく豆焙煎粉末3g程度を混ぜてみました。(目安は1回に3g〜4gを1日3回〜4回程度です)

ハチミツを混ぜても良いです。その他、納豆、キムチ、ヨーグルトなどの発酵食品や食物繊維(水溶性食物繊維と不水溶性食物繊維)をバランスよく食べたり、朝起きたらマグカップ一杯程度の白湯(さゆ)を飲むことはよいと言われています。

人それぞれその日、その日の調子も違いますし状況も違いますのでお医者さん、薬剤師さん、栄養士さんと相談してご自身に合った食べ方を見つけて試されるのも良いと思います。

 

「たっぷく豆焙煎粉末」と「キムチ」

便秘には発酵食品の「キムチ」を食べることは良いと言われています。適量の「キムチ」に1回分たっぷく豆焙煎粉末3g程度を混ぜてみまた。(目安は1回に3g〜4gを1日3回〜4回程度です)
その他、発酵食品の納豆やヨーグルト、食物繊維(水溶性食物繊維と不水溶性食物繊維)をバランスよく食べたり、朝起きたらマグカップ一杯程度の白湯(さゆ)を飲むことは良いと言われています。
人それぞれその日、その日の調子も違いますし状況も違いますのでお医者さん、薬剤師さん、栄養士さんと相談してご自身に合った食べ方を見つけて試されるのも良いと思います。

 

「たっぷく豆焙煎粉末」と「ヨーグルト」

便秘には発酵食品「ヨーグルト」を食べることは良いと言われています。適量の「ヨーグルト」に1回分たっぷく豆焙煎粉末3g程度を混ぜてみました。(目安は1回に3g〜4gを1日3回〜4回程度です)その他、発酵食品の納豆やキムチを食べたり食物繊維(水溶性食物繊維と不水溶性食物繊維)をバランスよく食べたり、朝起きたらマグカップ一杯程度の白湯(さゆ)を飲むことは良いと言われています。

人れぞれその日、その日の調子も違いますし状況も違いますので お医者さん、薬剤師さん、栄養士さんと相談してご自身に合った食べ方を見つけて試されるのも良いと思います。

 

「たっぷく豆焙煎粒」と「めかぶ」

食物繊維を多く食べているのに便秘で困っている人がいます。食物繊維には、水に溶ける食物繊維(水溶性食物繊維)果物、海藻類、こんにゃく等と水に溶けない(不溶性食物繊維)野菜、豆類、イモ類等があります。この2種類の食べものをバランスよく食べることが大切です。

適量の「めかぶ」に1回分たっぷく豆焙煎粒3粒を混ぜてみました。(目安は1回に3粒〜4粒を1日3回〜4回程度です)水に浸したムクナの水も捨てずに飲んでください。その他、ヨーグルト、納豆、キムチなどの発酵食品、ごま油、オリーブオイルをサラダにかけたり、食べたり、朝起きたらマグカップ一杯程度の白湯(さゆ)を飲むことは良いと言われています。

人それぞれその日、その日の調子も違いますし状況も違いますのでお医者さん、薬剤師さん、栄養士さんと相談してご自身に合った食べ方を見つけて試されるのも良いと思います。

 

「たっぷく豆焙煎粒」と「納豆」

便秘には発酵食品の「納豆」を食べることは良いと言われています。適量の「納豆」にたっぷく豆焙煎粉末3g程度を混ぜてみました(目安は1回に3g〜4gを1日3回〜4回程度です)

その他、発酵食品のキムチやヨーグルト、食物繊維(水溶性食物繊維と不水溶性食物繊維)をバランスよく食べたり、朝起きたらマグカップ一杯程度の白湯(さゆ)を飲むことは良いと言われています。

人それぞれその日、その日の調子も違いますし状況も違いますのでお医者さん、薬剤師さん、栄養士さんと相談してご自身に合った食べ方を見つけて試されるのも良いと思います。
 

 

「たっぷく豆焙煎粉末」と「納豆」

便秘には発酵食品の「納豆」を食べることは良いと言われています。適量の「納豆」にたっぷく豆焙煎粉末3g程度を混ぜてみました(目安は1回に3g〜4gを1日3回〜4回程度です)

その他、発酵食品のキムチやヨーグルト、食物繊維(水溶性食物繊維と不水溶性食物繊維)をバランスよく食べたり、朝起きたらマグカップ一杯程度の白湯(さゆ)を飲むことは良いと言われています。

人それぞれその日、その日の調子も違いますし状況も違いますのでお医者さん、薬剤師さん、栄養士さんと相談してご自身に合った食べ方を見つけて試されるのも良いと思います。
 

 

便秘対策に「ムクナ焙煎粒」と「もずく」

食物繊維を多く食べているのに便秘で困っている人がいます。食物繊維には、水に溶ける食物繊維(水溶性食物繊維)果物、海藻類、こんにゃく等と水に溶けない(不溶性食物繊維)野菜、豆類、イモ類等があります。

この2種類の食べものをバランスよく食べることが大切です。適量の「もずく」に1回分たっぷく豆焙煎粒3粒を混ぜてみました。(目安は1回に3粒〜4粒を1日3回です)水に浸したムクナの水も捨てずに飲んでください。

その他、ヨーグルト、納豆、キムチなどの発酵食品、ごま油、オリーブオイルをサラダにかけたり、食べたり、朝起きたらマグカップ一杯程度の白湯(さゆ)を飲むことは良いと言われています。人それぞれその日、その日の調子も違いますし状況も違いますのでお医者さん、薬剤師さん、栄養士さんと相談してご自身に合った食べ方を見つけて試されるのも良いと思います。
 

 

実演たっぷく豆(善粒)白湯に浸して10時間後に注目

たっぷく豆焙煎済み善粒は硬いので柔らかくしてから食べていただくのが良いと思います。そこで何時間後ぐらいに食べごろになるのか実験してみました。柔らかくなった「たっぷく豆」を食べるのではなく浸しておいた白湯ものんでください。
 

 

ブラジルの大自然で育った「たっぷく豆 こがね散」焙煎粉末をお茶に入れた飲み方を紹介します。

お茶の入った湯呑に「たっぷく豆こがね散」3g程度を入れてよくかき混ぜてお飲みください。1日3回程度 お飲みになるのが目安です。底に沈殿した「たっぷく豆 こがね散」は、捨てずに食べてください。大切な成分が含まれています。「たっぷく豆 こがね散」とお茶が調和して新たなエネルギーが湧いてくるでしょう。
 

 

ブラジルの大自然で育った「たっぷく豆 こがね散」焙煎粉末をレモンティーに入れた飲み方を紹介します。

レモンティーの入ったカップに「たっぷく豆こがね散」3g程度を入れてよくかき混ぜてお飲みください。黒砂糖を加えるとよりおいしくなります。1日3回程度 お飲みになるのが目安です。底に沈殿した「たっぷく豆 こがね散」は、捨てずに食べてください。大切な成分が含まれています。「たっぷく豆 こがね散」とレモンティー、黒砂糖が調和して新たなエネルギーが湧いてくるでしょう。
 

 

ブラジルの大自然で育った「たっぷく豆 こがね散」焙煎粉末をコーヒーに入れた飲み方を紹介します。

コーヒーの入ったカップに「たっぷく豆こがね散」3g程度を入れてよくかき混ぜてお飲みください。黒砂糖を加えるとよりおいしくなります。1日3回程度 お飲みになるのが目安です。底に沈殿した「たっぷく豆 こがね散」は、捨てずに食べてください。大切な成分が含まれています。「たっぷく豆 こがね散」とコーヒー、黒砂糖が調和して新たなエネルギーが湧いてくるでしょう。
 

 

ブラジルの大自然で育った「たっぷく豆 こがね散」焙煎粉末をレモネードに入れた飲み方を紹介します。

レモンをよく絞ったレモン水の入ったコップに「たっぷく豆 こがね散」3g程度を入れてよくかき混ぜてお飲みください。ハチミツを加えるとレモネードになります。1日3回程度 お飲みになるのが目安です。底に沈殿した「たっぷく豆 こがね散」は、捨てずに食べてください。大切な成分が含まれています。「たっぷく豆 こがね散」とレモン、ハチミツが調和して新たなエネルギーが湧いてくるでしょう。
 

 

ブラジルの大自然で育った「たっぷく豆 こがね散」焙煎粉末をオレンジジュースに入れた飲み方を紹介します。

オレンジジュースの入ったコップに「たっぷく豆こがね散」3g程度を入れてよくかき混ぜてお飲みください。1日3回程度 お飲みになるのが目安です。底に沈殿した「たっぷく豆 こがね散」は、捨てずに食べてください。大切な成分が含まれています。「たっぷく豆 こがね散」とオレンジジュースが調和して新たなエネルギーが湧いてくるでしょう。
 

 

ムクナたっぷく豆焙煎済み(善粒)酢漬けドリンク

ブラジルの大自然で育ったムクナたっぷく豆焙煎済み(善粒)酢漬けドリンクを紹介します。1日3回 1回分の目安は、酢漬けされた焙煎豆(善粒)3粒と適量のエキスをコップにいれてください。取り出したエキスの4倍〜5倍の水を加えて薄めてください。

ハチミツなどを混ぜればおいしくなります。ドリンクと一緒に飲み込まないように取り出した出した豆も、よく噛んで食べてください。雄大な自然で育ったムクナたっぷく豆焙煎済み(善粒)酢漬けドリンクをご賞味ください。
 

 

ムクナたっぷく豆焙煎済み粉末(こがね散)寒天デザート

ブラジルの大自然で育ったムクナたっぷく豆焙煎済み粉末(こがね散)寒天デザートを紹介します。 1日3回 1回分の目安は、付属のスプーンすり切り1杯約3gを寒天に振りかけてください。ハチミツを混ぜるとおいしくいただけます。雄大な自然で育ったムクナたっぷく豆焙煎済み粉末(こがね散)寒天デザートをご賞味ください。
 

 

ムクナたっぷく豆焙煎済み酢漬け(善粒)寒天デザート

1日3回1回分の目安は3粒〜4粒です。酢漬けした善粒には、酢が凝縮されています。 またエキスは捨てづに一緒にご利用ください。ハチミツやフルーツなどをかけて食べると美味しくいただけます。

濃縮されたエキスをかけるときは4倍〜5倍に薄めてください。 雄大な自然で育ったムクナたっぷく豆焙煎済み(善粒)寒天デザートをご賞味ください。
 

 

ムクナ「たっぷく豆 こがね散」の食べ方

「たっぷく豆 こがね散」の生まれ故郷はブラジルです。「たっぷく豆 こがね散」は焙煎されたムクナ豆を粉末にして出来ています。

左側はグラノーラ、右側はオートミールが入っています。1日3回程度1回分の焙煎済み「たっぷく豆こがね散」の量はスプーンすり切1杯約3gです。振りかけたら混ぜてください。

ハチミツを塗ったホットケーキやパンに焙煎済み「たっぷく豆こがね散」をスプーンすり切り一杯約3gを振りかけました。おいしくいただけます。

ここに紹介しましたのは、ほんの一例です。玄米、五穀米、あるいは煮物に振りかけたりといろいろな料理にチャレンジしてみてください。お好みに合った食べ方が見つかると思います。ムクナたっぷく豆は“元気の源”です。

 

ムクナ たっぷく豆善粒 水煮

1.ムクナ たっぷく豆の生まれ故郷はブラジルです。 たっぷく豆善粒は焙煎されたムクナ豆からできています。

2.「水煮の作りかた」 安全と満足のいく栄養素を含んだ「焙煎済み たっぷく豆 善粒」を使用しています。 1日分の目安約250mlの水をお鍋に入れてください。

3.水を沸騰するまで沸かして、沸騰したら火を消してください。

4.火を消したら沸騰したお湯に、1日分(約10粒) 「焙煎済み たっぷく豆善粒」を入れてください。

5.沸騰したお湯が冷めてから、ポットに「焙煎済み たっぷく豆善粒」を 移し替えてください。10時間後「焙煎済み たっぷく豆善粒」は柔らかくなっています。 寝る前に準備しておけば、翌日には柔らかくなっています。 ポットに移し替えてから冷蔵庫に保管してください。

6.冷蔵庫から取り出しグラスに注ぎました。 1回分の目安は「焙煎済み たっぷく豆善粒」 約3粒とたっぷく豆善粒エキス約80ml位です。

7.レモン、ハチミツ、黒砂糖を混ぜてもおいしくいただけます。

8.雄大な自然と「ムクナ たっぷく豆」は調和して育っています。

災害時の保存食 ムクナ豆焙煎 善粒

「非常食にも 最適です」酢につけてから1日後には、ムクナ焙煎豆の殻が柔らかくなり食べれますが、さらに11ヶ月後に食べても問題ありませんでした。

ムクナに含まれる有効成分を考えますと、1年を限度として食べてください。今回は、安全と満足のいく栄養素を含んだムクナ焙煎豆「たっぷく豆善粒」の玄米酢+ハチミツ漬けをご紹介します。

玄米酢もハチミツもほとんど吸収されていました。3粒取り出して食べてみました。違和感なく食べれました。 玄米酢とハチミツが濃縮された1粒です。

地震、津波などの災害があったときの非常食として保存のきく、ムクナ豆酢漬けや、ハチミツを加えた酢漬けの準備をお勧めします。(お酢は、玄米酢、リンゴ酢など好みのものを使用してみてください)

ムクナ焙煎豆「酢漬け」は1年以内に食べましょう。なくなる前に準備しておきましょう。「酢漬け」は日陰の暗くて涼しい所に保存してください。

ムクナ豆黒酢漬け

簡単に出来て保存がきく安全と満足のいく栄養成分を含む"焙煎済み"「たっぷく豆善粒」を使った作りかたです。お酢は玄米黒酢100%を使用しました。黒砂糖やはちみつは出来上がったあとにお好みに合わせて加えてくだい。

まだお酢の量が少ないようです。ひたひたになるところまで注いでください。「たっぷく豆善粒」全体が黒酢に隠れるまでもう少しだけ足しましょう。

冷蔵庫か暗くて涼しいところに保管してください。3時間30分後の状態です。黒酢が「たっぷく豆善粒」に吸収されています。明日まで、黒酢を加えず蓋をしめてもとにあった暗くて涼しいところに戻して柔らかくなるか保存しておきました。翌朝の状態です。

1日漬けた「たっぷく豆善粒」を食べてみました。柔らかいです。食べられます。完成です。1日漬けただけで柔らかくなっていました。酸っぱいと感じる場合は、はちみつや黒砂糖をつけて食べましょう。

黒酢が吸収されて少なくなった場合は「たっぷく豆善粒」の頭が隠れるくらいまで黒酢を継ぎ足しましょう。これなら一度に1か月分250gまとめて作り置きできて簡単で便利です。

保存期間が長くなりますので冷蔵庫か暗くて涼しいところに保存しましょう。5日後の状態です。黒酢の量はほとんど変化がありません。

「たっぷく豆善粒の黒酢漬け」と「たっぷく豆善粒」のエキスが詰まった健康黒酢を試してみましょう。黒酢1に対して水4の割合で飲んでみましょう。

飲みにくいと感じる場合は、はちみつや黒砂糖を混ぜて一緒に飲みましょう。毎日の健康のために「たっぷく豆善粒」黒酢漬けと「たっぷく豆善粒」のエキスが詰まった健康黒酢をお試しください。

食べ過ぎ、飲み過ぎには注意しましょう。何よりも大切なものそれは健康です。

ムクナ豆・黒酢とハチミツ漬け

柔らかくなるまでに2週間ほど時間がかかりますが、ムクナ黒酢にハチミツを混ぜてつくってみました。

安全と満足のいく栄養素を含んだ「たっぷく豆 善粒」を使用しています。124g約14日〜15日分の焙煎ムクナ豆を用意しまた。

黒酢をムクナ焙煎豆の量の半分まで注ぎました。さらに残り半分にハチミツを注ぎました。黒酢とハチミツが混ざるように振ってみました。

黒酢とハチミツが絡まったで、さらに黒酢をムクナ豆の頭が隠れるまで注ぎました。まだ黒酢が少ないようです。全体に浸るように焙煎豆を平らにして黒酢を加えました。

出来上がりました。いつごろ食べやすくなるか試してみます。報告結果をたのしみにしてください。保存場所は冷蔵庫か暗くて涼しいところに保管してください。

4時間後にためしに1粒食べてみました。黒酢だけに漬けたときは、何とか噛むことはできたのですが黒酢とハチミツを混ぜた状態では硬いです。

黒酢だけで漬けたときは1日経過すれば柔らかくなっていましたが、黒酢とハチミツをまぜると柔らかくなるのに時間がかかりそうす。

最初は黒酢とハチミツを1対1の割合で入れましたが、ベタベタになりすぎたので途中で黒酢を追加して7対3の割合で作りました。

3日が経過したので1粒食べてみました。噛めますがまだ芯残っているようです。

2週間待つことにしました。2週間経ちました。濁って見た目は悪いですが、焙煎ムク豆のエキス焙煎ムクナ豆のエキスが出ているのでが栄養価が高いです。 

ハチミツの味がほんのりと口の中でただよいました。ムクナ焙煎豆を食べるだけでなく、ムクナのエキスが詰まった黒酢1に対して水を4倍に薄めて飲んでみてください。酸っぱいと感じた方は水で薄めてください。ハチミツがからだに合わない人もいますので注意してください。